児童労働、人身売買、健康被害、紛争下での犠牲、子どもたちは人権侵害に最も脆弱な立場にあります。また、少女たちは、幼児婚、少女売春、教育の機会の剥奪、女児殺しなど、特に人権侵害に晒されやすい立場に置かれています。

ヒューマンライツ・ナウは、子ども・少女に対する人権侵害について、事実調査を行い、子どもの権利擁護の政策提言を行っています。

ヒューマンライツ・ナウはアジア・ガールズ・キャンペーンに参加し、少女のエンパワーメントを求めています。

【メディア】Yahoo news (2018年2月6日)掲載 「コスプレモデル」の募集、AV撮影だった 出演強要の巧妙手口

Yahooニュースの【「コスプレモデル」の募集、AV撮影だった 出演強要の巧妙手口】にて、ヒューマンライツ・ナウが都内で行った「AV出演強要問題シンポジウム」に関する記事が掲載されました。 https://news.ya …

【メディア】withnews (2018年2月6日)掲載 AV強要、厚労省や消費庁、警視庁も動き出す それでも残る「不安」

AV出演強要問題の記事でヒューマンライツ・ナウに関する記事が掲載されました。 2018年2月6日 withnnews【AV強要、厚労省や消費庁、警視庁も動き出す それでも残る不安】 記事はこちらからご覧いただけます。 h …

【メディア】朝日新聞 2018年1月19日 掲載 AV出演強要、淫行勧誘罪を適用 「摘発の道、開けた」

朝日新聞の1月19日の記事で伊藤事務局長のコメントが掲載されました。 ヒューマンライツ・ナウではこれまでにAV出演強要の被害実態の調査報告書を発表し、社会問題としての認識を広めてきました。 記事の全文はこちらからご覧いた …

【関西イベント】2月24日シンポジウム「#Me Too からChangeへ」被害者支援の充実を目指して

 シンポジウム #Me Too からChangeへ    被害者支援の充実を目指して =======================   【日時】2018年2月24日(土) 14:00~16:30 【会場】ドーンセンター …

【人権理事会声明】「『児童ポルノ』とみられる商品は日本で公然と発売されている」という声明を提出しました。

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは2018年2月26日からスイス・ジュネーブで開催される第37会期人権理事会に向けて「『児童ポルノ』とみられる商品は日本で公然と発売されている」という声明を提出しました。 PDFの原文 …

【関西イベント】2/4「絵本を通じて学ぶ国連子どもの権利条約」~国連子どもの権利条約に関して、スェーデン作家の絵本を通じて学びながら、外国にルーツをもつ子どもの学習権を考える~ワン・ワールド・フェスティバル企画

ヒューマンライツ・ナウ関西グループは、今年も 世界につながる国際協力のお祭り・2018/2/3-4開催 『2017年度 ワン・ワールド・フェスティバル』 http://www.interpeople.or.jp/owf/ …

1/18【ヒューマンライツ・ナウ会員・サポーター限定講演会&懇親会】 河合弘之弁護士が語る! 『中国残留孤児、フィリピン残留孤児そして脱原発と自然エネルギー』

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、会員・サポーター向け交流会を開催しています。 今年は新春早々、素敵な会を開催することになりました。ヒューマンライツ・ナウ運営顧問の主催による、会員・サポーターの交流を兼ねた会員・ …