企業の海外進出に伴い、進出先の生産拠点等では、労働者や地域住民に対する深刻な人権侵害や環境汚染が見られる地域が少なくありません。企業が生産、販売等のプロセスにおける人権尊重を徹底すれば、多くの人権侵害を避けることが出来ます。 2011年国連では、企業と人権に関する指導原則(ラギー原則)が採択され、その実施は国際的に非常に重要な課題となっています。 ヒューマンライツ・ナウでは、アジア地域に進出する世界の多国籍企業の動向を監視し、国際基準に基づき、人権侵害状況の改善を実現するように求めます。 また、日本の企業が人権に関する国際基準を守り、国内外での人権侵害に加担せず、積極的な社会貢献ができるよう、啓発・調査・キャンペーン・アドバイスを行います。

  • Awareness Raising 国際人権法の専門団体として、ラギー原則をどう実施するか、人権とサプライチェーンに関する企業の意識 を喚起する活動をしています。 企業への働きかけのほか、企業関係者を招待、また連携してセミナーを開催しています。

 

  • Field Research 企業の生産現場において、搾取的労働、児童労働などの労働問題が発生し、また環境汚染が人々の健康に対する権利を侵害しています。人権侵害や紛争の上に立脚した製品が日本でも販売されています。現地からのリクエストを受けて、現地調査を実施、その結果を公表します。また、企業の人権遵守状況についてもリサーチを実施します。

 

  • Advocacy・Campaign アジア地域の環境、労働・人権NGOを中心とする国際的ネットワークをもとに、事態を改善するようダイアログ・要請などの働きかけを行います。

<ビジネスと人権に関する問題について、世界旅行をしながら学んでみましょう!>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【開催報告・報告書公開】1月19日(木)「ウイグル人らに対する大規模監視および深刻な人権侵害を助長する日系企業の技術と責任」

  国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、2023年1月19日(木)に、記者会見「ウイグル人らに対する大規模監視および深刻な人権侵害を助長する日系企業の技術と責任」を日本ウイグル協会と共同開催しました。 ヒュ …

【ご案内】2023年1月27日(金)16時〜18時 | BHRC・GCNJ共催 第11回国連ビジネスと人権フォーラム報告ウェビナー「ライツホルダーを中心としたビジネスと人権の実践に向けて」

  ヒューマンライツ・ナウ(HRN)が幹事団体として所属するビジネスと人権市民社会プラットフォーム(BHRC)は、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)と共に、第11回国連ビジネスと人権フォ …

【記者会見のお知らせ】1月19日(木)「ウイグル人らに対する大規模監視および深刻な人権侵害を助長する日系企業の技術と責任」

報道機関各位 ウイグル人らへの深刻な人権弾圧の一部を構成する大規模監視に関わったとして米国が制裁対象にした中国の監視カメラ大手企業『ハイクビジョン』の監視カメラを分解調査した結果、その監視カメラに複数の日系企業が部品を供 …

【B4Ukraineキャンペーンイベント】「ウクライナに対する侵略戦争に加担しないために、今、日本企業がすべきこと。今、私たちが日本企業や日本政府に対して求めるべきこと。」

  ビジネスと人権プロジェクトから、1月31日に、B4Ukraineキャンペーンイベントとして開催されるウェビナーのご案内です。 *ENGLISH below B4Ukraineキャンペーンイベント 「ウクライ …

【声明】ミャンマー軍による大学生7名の死刑判決を非難する

2022年11月30日にミャンマー軍が下した大学生7名と他3名に対する死刑判決は断固として受け入れられません。学生の死刑執行が近い将来行われる可能性も十分に考えられる中、ヒューマンライツ・ナウは、ミャンマー軍が死刑判決を …

【11/9 BHRC主催ウェビナー】市民の視点から見た「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」 ~人権はみんなのビジネス(関心事)~

ヒューマンライツ・ナウ(HRN)が幹事団体として所属する、ビジネスと人権市民社会プラットフォーム(BHRC)主催のウェビナー「市民の視点から見た「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」 ~人権は …

【報告書を提出しました】自由権規約人権委員会に市民的及び政治的権利問題に関する報告書を提出

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、市民的及び政治的権利に関する国際規約(略称:自由権規約、ICCPR)のルールに基づき、日本における市民的及び政治的権利(CPR)問題に関する市民社会報告書を自由権規約人権委員会に提 …