児童労働、人身売買、健康被害、紛争下での犠牲、子どもたちは人権侵害に最も脆弱な立場にあります。また、少女たちは、幼児婚、少女売春、教育の機会の剥奪、女児殺しなど、特に人権侵害に晒されやすい立場に置かれています。

ヒューマンライツ・ナウは、子ども・少女に対する人権侵害について、事実調査を行い、子どもの権利擁護の政策提言を行っています。

ヒューマンライツ・ナウはアジア・ガールズ・キャンペーンに参加し、少女のエンパワーメントを求めています。

【メディア掲載情報】刑法改性犯罪規定改正に関するウェビナーの内容が紹介されました

2022年4月9日と4月16日に2週連続で開催されたヒューマンライツ・ナウ主催ウェビナー「これでいいのか法制審~刑法性犯罪規定改正の現状を問う」の内容を、5月13日(金)にHUFFPOST (ハフポスト) に取り上げて頂 …

【調査報告書】デジタル性暴力を処罰するための規定の参考となる各国の法制度や政策

特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウは、デジタル性暴力を処罰するための規定の参考となる各国の法制度や政策に関する調査報告書を提出いたしました。   同意のない性的行為を撮影したり、撮影した動画像を用いて …

【ウェビナー】4月16日(土)「~これでいいのか法制審~刑法性犯罪規定改正の現状を問う」第2回目

  性暴力が性犯罪として処罰される改正を実現するために 現在、法制審議会では、刑法性犯罪規定改正が議論されています。昨年10月末の審議会開始以来ヒューマンライツ・ナウは、国際水準と被害実態に基づく抜本的な改正を …

【ウェビナー】4月9日(土)「~これでいいのか法制審~刑法性犯罪規定改正の現状を問う」

  性暴力が性犯罪として処罰される改正を実現するために 現在、法制審議会では、刑法性犯罪規定改正が議論されています。昨年10月末の審議会開始以来ヒューマンライツ・ナウは、国際水準と被害実態に基づく抜本的な改正を …

【メディア掲載情報】緊急院内集会 4月1日からの高校生AV出演解禁を止めてください 18歳~19歳の取り消し権 維持存続立法化のお願い

2022年3月23日(水)に、認定非営利活動法人ぱっぷす(PAPS)、認定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ(HRN)が開催した緊急院内集会「4月1日からの高校生AV出演解禁を止めてください 18歳~19歳の取り消し権 …

【緊急院内集会】3月23日(水)「4月1日からの高校生AV出演解禁を止めてください 18~19歳の取消権 維持存続立法化のお願い」

※チラシのダウンロード(PDF)はこちらから 【緊急院内集会】4月1日からの高校生AV出演解禁を止めてください 18~19歳の取消権 維持存続立法化のお願い 日時 令和4年3月23日(水) 午後2:00-3:00 会場  …