【声明】被害の実態に沿った法改正という原点はどこへいったのか? 性犯罪に関する刑事法検討会の取りまとめにあたって

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、「【声明】被害の実態に沿った法改正という原点はどこへいったのか?性犯罪に関する刑事法検討会の取りまとめにあたって」を発表致しましたので、ご報告致します。   ▼PDF版は …

【共催イベント】5月18日(火)香港民主化運動とミルクティー同盟-香港国際連帯キャンペーン in 東京

  香港での政府の批判的な活動を取り締まる「香港国家安全維持法」の施行後、香港人は表に出て、大型デモをすることができなくなりました。しかしながら、香港人が今でも民主と自由のために努力していることを、香港人自身も …

【1ヶ月限定公開】国際女性デー記念イベント「刑法改正はどうなっているのか。〜私たちが望む社会に向けて〜」

※本イベントの動画に関しまして、当初は非公開の予定にしておりましたが、検討会が大詰めを迎える今、より多くの方にご関心をお寄せ頂きたく、期間限定で公開させていただく運びとなりました。刑法改正に向けた更なる後押しとなることを …

【イベント】7月3日(火) パレスチナ・ガザの今 〜現地からの最新報告と人権をめぐる専門解説〜

パレスチナ・ガザの今 〜現地からの最新報告と人権をめぐる専門解説〜 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< 3月30日以降、ガザの市民はイスラエルへの抗議運動を続けています。 故郷に70年も帰れずにいる難民の …

【人権理事会声明】「カンボジアにおける深刻な人権状況」という声明を提出しました。

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは2018年6月18日からスイス・ジュネーブで開催される第38会期人権理事会に向けて「カンボジアにおける深刻な人権状況」という声明を提出しました。 PDFの原文(英語)はこちらよりダウ …

ロヒンギャ難民キャンプにおける事実調査:今でも続く危機(発言)

ヒューマンライツ・ナウ(HRN)は2018年3月29日に参議院議員会館講堂で開催された、ミャンマー少数民族の現状を考えるシンポジウムにて発言しました。 HRNは 今年の1月末、 バングラデシュのコックスバザールでロヒンギ …

【共同声明】朝鮮総聯中央本部への銃撃事件にたいして、私たちは抗議の意を表明し、日本政府に厳正な対応を求めます

ヒューマンライツ・ナウは、外国人人権法連絡会、移住者と連帯する全国ネットワーク、人種差別撤廃NGOネットワーク、及びのりこえねっとと共に「朝鮮総聯中央本部への銃撃事件にたいして、私たちは抗議の意を表明し、日本政府に厳正な …