【メディア掲載情報】刑法性犯罪規定改正の試案に関するインタビュー記事

2020年6月からの法務省「性犯罪に関する刑事法検討会」に続き、2021年10月からの「法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会」の議論を追ってきたヒューマンライツ・ナウ 女性の権利プロジェクトならびに刑法改正市民プロジェクト …

【メディア掲載情報】緊急記者会見 ~法制審議会 刑法改正「試案」を受けて~

2022年10月24日(月)に開催した、刑法改正市民プロジェクト主催の「緊急記者会見 ~法制審議会 刑法改正『試案』を受けて~」の様子が、下記メディアに掲載されました。 会見にはヒューマンライツ・ナウNの伊藤副理事長、女 …

【要望書】刑法性犯罪規定の改正条文に関する要望書

法制審議会の刑法改正の論議が佳境を迎える中、市民や被害者が改正を求めてきた原点に 沿った改正になるかが問われています。 ヒューマンライツ・ナウは一貫して、不同意性交等罪の導入、性交同意年齢の引き上げ、 地位関係性利用罪の …

【メディア掲載情報】刑法改性犯罪規定改正に関するウェビナーの内容が紹介されました

2022年4月9日と4月16日に2週連続で開催されたヒューマンライツ・ナウ主催ウェビナー「これでいいのか法制審~刑法性犯罪規定改正の現状を問う」の内容を、5月13日(金)にHUFFPOST (ハフポスト) に取り上げて頂 …

【調査報告書】デジタル性暴力を処罰するための規定の参考となる各国の法制度や政策

特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウは、デジタル性暴力を処罰するための規定の参考となる各国の法制度や政策に関する調査報告書を提出いたしました。   同意のない性的行為を撮影したり、撮影した動画像を用いて …

【第49回国連人権理事会・口頭声明】中国における黄学琴(Huang Xueqin) と王建民(Wang Jianbing)の恣意的な逮捕に抗議する

  国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、国連人権理事会において、人権擁護者の保護に関する会合で、中国における黄学琴と王建民の恣意的な逮捕に抗議し、彼らの即時解放を求めるビデオ口頭声明を提出しました。 &nb …