india世界では、虐殺などの直接的な人権侵害によって命を落とす人たちの何倍もの人々が貧困や避けられる病気、生活基盤の剥奪、過酷な労働搾取によって命を奪われています。

貧困や搾取からの脱却は極めて大切な人権であり、ヒューマンライツ・ナウは、生存に不可欠な経済的社会的権利の実現を求めて活動しています。

国連の新たな開発目標のプロセスが人権・弱者の視点で行われるよう求めるとともに、「開発」の名のもとにアジア各地で続く深刻な土地の強奪・明渡しや労働搾取、環境破壊や有害物質の放置に基づく健康被害などの問題に取り組んでいます。

【プレスリリース】 インターネットと人権に関するアンケート調査実施に関するお知らせ

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは,昨今のインターネットやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用に伴う人権課題等を踏まえ,インターネット・SNS関連事業者6社に対し,ビジネスと人権への取り組みに関する …

【お知らせ】6月14日~8月31日「夏の募金キャンペーン2021」を実施いたします!

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、本日より「夏の募金キャンペーン2021」を開始いたします! ぜひ、温かいご支援をよろしくお願いいたします。   ********* 世界各地では今も深刻な人権侵害が続き …

【動画声明】渋谷ザニー氏によるミャンマーの軍事クーデタに関する声明

  渋谷ザニー氏は、国際社会に向けて、ミャンマーの軍事クーデタに関する声明(英語)を動画で発表しました。こちらの動画は、ヒューマンライツ・ナウによって、3月の国連のCSW65イベントにて提出されました。 渋谷氏 …

【お知らせ】国連人権理事会の特別報告者から日本政府に向けて発出された入管法改正案に関する懸念表明と対話を求める共同声明の和訳を発表いたしました。

  国連人権理事会の特別報告者から日本政府に向けて発出された入管法改正案に関する懸念表明と対話を求める共同声明の和訳を作成いたしました。   ・原文はこちらからご覧ください: https://spco …

【記者会見のお知らせ】4月6日(火)15時30分~ 国連人権理事会の特別報告者から日本政府に向けて発出された 入管法改正案に関する懸念表明と対話を求める共同声明について

国連人権理事会の複数の特別手続の専門家が、本年3月31日、日本政府に対し、国際人権基準の観点から、今国会にて審議予定の政府提出の入管法改正案について、全件収容主義と監理措置との関係、司法審査の欠如、無期限の収容期間、ノン …

【HRN主催トークイベント】3月29日(月)「東日本大震災・福島原発事故から10年。被災地と被災者の今、そしてこれから。」

  東日本大震災・福島原発事故の発生から10年が経ち、世間的には節目と見るむきもある中で、震災・原発事故により生活が一変してしまった被災者の方の中には今でも震災・原発事故のために苦しんでいる方もいらっしゃいます …

【動画公開】「入管法改正ここが問題」ヒューマンライツ・ナウ高橋済事務局次長が分かりやすく解説

  ヒューマンライツ・ナウ 高橋済事務局次長は、難民保護法の制定を!実行委員会主催の院内集会「入管法改正は問題あり!難民保護の制定を!院内集会」に登壇し、2021年2月19日に閣議決定された入管法の改正に関して …

【共同提言書】「ミャンマー国軍によるクーデターと現在進行中の人権侵害に関して」

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、ヒューマン・ライツ・ウォッチ/日本国際ボランティアセンター/市民社会スペース NGO アクションネットワーク/ジャスティス・フォー・ミャンマーと共同で、 提言書「ミャンマー国軍によ …

【英会話講座】20年9月17日〜12月3日(秋・2020)オンラインにて開催

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、この秋、「2020年秋の英会話」を開催いたします!是非、皆様のご参加お待ちしております! ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため一部オンラインセミナーとしての開催に変更させていた …