企業の海外進出に伴い、進出先の生産拠点等では、労働者や地域住民に対する深刻な人権侵害や環境汚染が見られる地域が少なくありません。企業が生産、販売等のプロセスにおける人権尊重を徹底すれば、多くの人権侵害を避けることが出来ます。 2011年国連では、企業と人権に関する指導原則(ラギー原則)が採択され、その実施は国際的に非常に重要な課題となっています。 ヒューマンライツ・ナウでは、アジア地域に進出する世界の多国籍企業の動向を監視し、国際基準に基づき、人権侵害状況の改善を実現するように求めます。 また、日本の企業が人権に関する国際基準を守り、国内外での人権侵害に加担せず、積極的な社会貢献ができるよう、啓発・調査・キャンペーン・アドバイスを行います。

  • Awareness Raising 国際人権法の専門団体として、ラギー原則をどう実施するか、人権とサプライチェーンに関する企業の意識 を喚起する活動をしています。 企業への働きかけのほか、企業関係者を招待、また連携してセミナーを開催しています。
  • Field Research 企業の生産現場において、搾取的労働、児童労働などの労働問題が発生し、また環境汚染が人々の健康に対する権利を侵害しています。人権侵害や紛争の上に立脚した製品が日本でも販売されています。現地からのリクエストを受けて、現地調査を実施、その結果を公表します。また、企業の人権遵守状況についてもリサーチを実施します。
  • Advocacy・Campaign アジア地域の環境、労働・人権NGOを中心とする国際的ネットワークをもとに、事態を改善するようダイアログ・要請などの働きかけを行います。

【声明】インドネシア人労働者の人権侵害が認められた中国漁船をIUUリストに加えるよう求める要請書に賛同

HRNは、韓国及び国際NGOとともに、サモア近郊の太平洋で2019年12月に発生した、大連海洋漁業会社が所有する漁船(Long Xing629号)上における、中国人乗組員が、インドネシア人乗組員3人の遺体を海洋に不法投棄 …

【声明】ミャンマー:キリンは軍と関係を断つべきだ 日本の大手企業が人権問題について対策をとると説明

ヒューマンライツ・ナウは国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ、特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンター、認定NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会の3団体と共同で下記の声明を発表しました。 &nbs …

【お知らせ】『いま投資家と企業に求められるESGの「S」とは。コロナでの人権対応も含めて 』ウェビナー開催

ウェビナー開催のお知らせ 『いま投資家と企業に求められるESGの「S」とは。コロナでの人権対応も含めて 』  PRI、認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ、ビジネスと人権ロイヤーズネットワークの3団体は、株式会社ニューラ …

【英会話講座】20年6月11日~9月3日 (夏・2020)ー 主要な人権※当面はオンラインにて開催

  国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、この夏、「主要な人権」の英会話を開催いたします!是非、皆様のご参加お待ちしております! ※新型コロナウイルス感染拡大防止のためオンラインセミナーとしての開催に変更さ …

【声明】新型コロナ感染拡大を受けて、企業と投資家に対し、ESG、とりわけ「S(社会)」に対する取組みをより一層推進することを求める

ヒューマンライツ・ナウは「新型コロナ感染拡大を受けて、企業と投資家に対し、ESG、とりわけ「S(社会)」に対する取組みをより一層推進することを求める声明」を発表いたしました。 PDF版はこちら:新型コロナ感染拡大を受けて …

【事務局長メッセージ】刑法改正等で前進! 2019年度末にあたりご報告とお礼

  新型コロナウイルスの関係で皆様大変不安な日々をお過ごしのことと思います。ヒューマンライツ・ナウでも2月以降大規模イベントを開催せず、先週末よりリモート勤務を導入しました。皆様のご無事を祈りつつ、2019年度 …

【お知らせ】過酷な五輪建設労働 ヒューマンライツ・ナウが組織委員会に通報し調査開始

五輪建設現場の労働環境 東京オリンピック・パラリンピックについては開催の延期についての調整が進んでいます。ヒューマンライツ・ナウは2019年夏、オリンピック関連施設建設現場の労働者の権利の実態について現場調査を行い、炎天 …

【パブコメ】「ビジネスと人権」に関する行動計画の原案に対する意見 および「人権に関する方針と実施状況についてのアンケート調査」にかかるコメント

NAPのパブリックコメントをアップしました、先日実施した商社アンケートについても匿名で機関投資家の方からコメントを頂きましたので公開いたします。   「ビジネスと人権」に関する行動計画の原案に対する意見 「人権 …