アジア、そして世界各国では、民主化を求めて活動をする人々や、集会・デモが弾圧され、また、人権を守るために最前線で活動する人々が攻撃に晒されて命を落としたり投獄されています。

ヒューマンライツ・ナウは、民主化・人権の最前線にいる人々への弾圧・攻撃に反対し、こうした人々を保護するために活動します。

集会、結社、表現の自由の侵害や、不当な拘禁に反対します。

また、世界を変えようと行動する女性のアクティビストを、Asian Activstaと呼び、その活動を応援しています。

人権活動家・民主化活動
人権活動家・民主化活動

【声明】2017 年迫害の危険にさらされている弁護士の日  中国において迫害の危険にさらされている弁護士に捧ぐ

2010 年以降、毎年 1 月 24 日は、「迫害の危険にさらされている弁護士の日」となっています。 2017 年のこの日は、中国における我々の同士、特に、恵まれない人々の人権を守ろうと したがために、弁護士としての専門 …

【活動報告】2016年度ミャンマー国内人権教育事業第2回目のセミナーを実施しました。

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、ミャンマーの民主化の進展を受けて、2014年2月からミャンマー国内で人権擁護活動の担い手を育成する人権教育事業を実施しており、本年度も、計6回の講師派遣を予定しています。 本年度 …

【イベント報告】10/22(土)「アジアン・アクティビスタ2016-世界を変えようとする女性たちー」を開催しました。

  国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは2016年10月22日(土)、米軍兵士によるレイプ被害者でありながら、性犯罪防止と被害者への支援のために活動するキャサリン・ジェーン・フィッシャーさんをお招きして、「ア …

【人権理事会声明】「カンボジアの悪化する人権状況に重大な懸念を表明する」を提出しました。

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、2016年9月13日からジュネーブで開催される第33会期人権理事会に向けて、声明「カンボジアの悪化する人権状況に重大な懸念を表明する」を人権理事会に提出しました。 以下からダウンロ …

【人権理事会声明】「中国:2015年7月人権派弁護士一斉拘束事件で不法に拘束された者全員の釈放を求める声明」を提出しました。

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、2016年9月13日からジュネーブで開催される第33会期人権理事会に向けて、「中国:2015年7月人権派弁護士一斉拘束事件で不法に拘束された者全員の釈放を求める声明」を人権理事会に …

【活動報告】2016年度ミャンマー国内人権教育プロジェクト第1回目のセミナーを実施しました。

「人権」について教えられなかった世代にむけて 民主化が進み、「人権」という言葉があらゆるところで聞かれるようになったミャンマーですが、実は多くの人は「人権」とは何か知らず、ミャンマー国軍による権力の一部掌握が続く中、今で …

【国際NGO共同声明】「人権理事会に対し、カンボジアの悪化する人権状況について必要な決議を採択することを要請する」共同声明を公表しました。

カンボジアでは、政府に批判的な野党や人権擁護活動家に対する政治的暴力が続き、表現の自由、集会の自由、結社の自由といった基本的な人権が侵害され続けています。このため、野党や市民社会組織が自由に、そして、独立的に政治的主張を …

【声明】「トルコ政府に対し、国際人権法の尊重と拘束・職権一時停止中の弁護士・裁判官・検察官の職務遂行の全権利を回復させることを要請する」声明を公表しました。

2016年7月15日に起きたクーデター未遂事件後、トルコでは、「緊急事態」の名の下に、「クーデター首謀者」や「反政府者」などの疑いをかけられた人々が逮捕、拷問、レイプ、あるいは殺害されています。 国際人権NGOヒューマン …