【緊急声明】ガザ:軍事行動の激化と市民に対する攻撃を直ちにやめ、不正義の根源に対処することを求める

ヒューマンライツ・ナウは、イスラエルとパレスチナで続く暴力の連鎖に重大な懸念を表明する声明を発表しました。 ハマスによる民間人を人質に取り、殺害する行動、イスラエル国防軍(IDF)によるガザにおける無差別な武力行使、民間 …

【声明】ウクライナへのクラスター弾の供与に関する米国の決定に抗議し、 ロシアによる民間人への爆撃とクラスター弾の使用を非難する

ヒューマンライツ・ナウは、ウクライナへのクラスター弾の供与に関する米国の決定に抗議し、ロシアによる民間人への爆撃とクラスター弾の使用を非難する声明を発表しました。クラスター弾の不発率は容認し難い確率で、紛争が終わった後も …

【賛同表明】要請書「改めて日本政府の対ミャンマーODAの停止を求めます」

ヒューマンライツ・ナウは、特定非営利活動法人メコンウォッチが内閣総理大臣、外務大臣に対して表明した要請書に賛同しました。   要請書では、ミャンマー軍によるクーデターが続くミャンマーに対し、日本政府がODA支援 …

【声明】ウクライナのカホフカダム決壊に対する人道支援と説明責任を求める

HRNは、ロシアが支配するウクライナのカホフカダムの決壊によって引き起こされた重大な被害に関する声明を発表しました。主な被害には、生命と健康への危害、 何千人もの人々の避難、 電気・水・食料の安全、自然環境と文化環境の破 …

【口頭声明】ミャンマーの軍事政権と国軍による継続的な違反行為に関する声明

ミャンマーの軍事政権と国軍による国民への不当な弾圧や暴力行為は引き続き深刻な状況であるにもかかわらず、何の処罰も受けないまま政権は維持し続け、非常宣言事態の延長を繰り返しては、国民に対する暴力や違反行為をエスカレートさせ …

【公開書簡】米国がミャンマー軍政の国防省を制裁対象に 日本政府は直ちにYコンプレックス事業からの完全撤退をすべき

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、日本企業とミャンマー国軍との関係について深い懸念を持つ5つの市民団体(ジャスティス・フォー・ミャンマー、メコン・ウォッチ、国際環境NGO FoE Japan、日本国際ボランティアセ …

【賛同表明】公開書簡「ミャンマーが人災や天災に直面する中、国軍の残虐な犯罪を止めるために国連安保理で日本の指導力が緊急に必要」

ヒューマンライツ・ナウは、特定非営利活動法人メコンウォッチが、2023年5月29日、岸田文雄内閣総理大臣宛に発出した公開書簡「ミャンマーが人災や天災に直面する中、国軍の残虐な犯罪を止めるために国連安保理で日本の指導力が緊 …

【ウェビナー】「第2回HRNミャンマー勉強会~日本における避難民保護の制度の現状と課題、国連特別報告者の訪日調査レポート、タイ国境調査を踏まえた課題分析、私たちにできること」

ヒューマンライツ・ナウ(HRN)ビルマプロジェクトは、2023年6月15日(木)19:00-20:30、無料ウェビナー「第2回HRNミャンマー勉強会~日本における避難者保護の制度の現状と課題、国連特別報告者の訪日調査レポ …

【第53回国連人権理事会声明】ミャンマー軍事政権による人権侵害を非難する

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、ジュネーブで開催中の第53回国連人権理事会に、ミャンマー軍事政権による人権侵害を懸念する声明を提出しました。2021年2月のクーデター以来、ミャンマー軍事政権下で国軍タットマドーが …

【メディア掲載情報】伊藤和子副理事長インタビュー「児童労働や強制労働からどう救う?「日本も人ごとではない」」

2023年5月6日(土)、ヒューマンライツ・ナウ副理事長伊藤和子のインタビュー記事が朝日新聞に掲載されました。 本記事では5月19日から広島で開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)に期待される人権課題への取り組みにつ …