【イベント】9/20″HumanRightsCafe” 国際開発×人権 アドボカシーの最前線を語ろう 山田太雲(オックスファム・ジャパン)×大崎麻子(GAP)×伊藤和子(HRN)

---------------------------

◆あの人に聞きたい!”Human Rights Cafe” トークイベント
  国際開発×人権 アドボカシーの最前線を語ろう
山田太雲(オックスファム・ジャパン)×大崎麻子(GAP)×伊藤和子(HRN)

---------------------------

ヒューマンライツ・ナウでは、第一線で活躍する著名人・専門家を
ゲストにお迎えして、新聞やニュースで話題の社会問題をテーマに
語り合うトークイベント”Human Rights Cafe”をスタートします。

現場で活躍するゲストならではのリアルで迫力あるトーク、
パイオニアとして困難な道を切り開いてきた生き様など、
「世の中を変えたい!でもどうやって?」と思っているみんなが
パワーとヒントをもらえる刺激的なイベントです。

第1回目は、事務所をシェアしている国際協力NGOオックスファムさんと、
ジェンダー・アクション・プラットフォームさんとのコラボレーションが実現。
国際開発と人権について、それぞれの角度から語り合います。

NGO・国際社会が途上国の開発支援・国際協力に取り組む際に、
どんなアプローチ・視点が求められているのか。
開発支援やアドボカシーを通じて目指したい社会は何か。

貧困と開発の分野の第一線で活躍する、
山田太雲さん(オックスファム・ジャパン アドボカシーマネージャー)と
世界各地や被災地でのジェンダー問題に取り組む、
大崎麻子さん(ジェンダー・アクション・プラットフォーム アドボカシー担当)
がゲストです。

開発分野のアドボカシーの最前線で活動する山田さんには、
開発におけるライツ・ペースト・アプローチ(権利を基礎とする開発プローチ)

について、大崎さんには開発におけるジェンダー主流化の成果と課題、
そしてヒューマンライツ・ナウの伊藤は人権の視点から見た開発・援助
政策について問題提起。それぞれが、アドボカシー活動を通じて
世界の何を変えようとしているのかを語り合います。

質疑応答の時間ももうけますので、

経済成長と「開発」の違いは?
貧困問題はなくせるの?
どういうきっかけで今の仕事をするようになったの?

などなど、気になるギモンをどんどん投げかけてください。

世界中の人々がより豊かな生活を送るために必要と考えられてきた
「開発」と、広がりゆく格差と貧困問題。
何が問題で、どうすれば解決できるのか、
ぜひ、このトークから、たくさんのヒントを持ち帰ってください!

開発協力や国際人権に興味がある方、アドボカシーに興味がある方など、
是非奮ってご参加ください。

日 時≫ 2012年9月20日(木)19時~21時

場 所≫ 東京都台東区上野5-3-4
      クリエイティブOne秋葉原ビル8Fラウンジスペース
 ※HRN・Oxfamがシェアするオフィスビルの上のフロアが、ちょっとしたカフェ
   スペースになっています。こちらをイベント会場として貸切します。

スピーカー≫

山田 太雲さん(オックスファムジャパン・アドボカシーマネージャー)
大崎 麻子さん(ジェンダー・アクション・プラットフォーム アドボカシー担当)
伊藤 和子さん(ヒューマンライツ・ナウ事務局長)

参加費≫ 1500円

【参加申込】
事前申込みが必要となります。
ヒューマンライツ・ナウ事務局まで、メール(info@hrn.or.jp) または
FAX(03-3834-1025)にて、「9/20カフェ参加希望」の旨と、
氏名、連絡先などを記載の上、お申し込みください。

主催:特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ