国際スタンダードの実現

ヒューマンライツ・ナウは、日本に住む人々の人権が充分に保障されるように求める活動も展開、国連人権機関からの勧告を実施するよう政府に働きかけ、国際スタンダードの人権保障を実現するために活動しています。

  • えん罪をなくすための、人権が尊重される刑事手続きへの改革
  • DVなどの暴力から女性を保護する法律・体制を国際基準に基づいて改善すること
  • 人権侵害を受けた人々が直接国連に是正を求めることができる人権条約の「選択議定書」の批准
  • 特定秘密保護法を巡る問題など。

東日本大震災・原発事故

東日本大震災・原発事故

ヒューマンライツ・ナウは、東日本大震災・福島第一原発事故後の人々の状況について、人権の視点から国際人権基準に基づく対応を求めて活動する唯一の国際人権NGOです。震災直後から被災地の事実調査を通して明らかとなった問題を提起、政策提言をしてきました。福島第一原発事故に関連しては、生命・健康に対する権利を保護する政府の責任の観点から政策提言を行い、国連に情報提供をして国連の事実調査をもとめ、国連「健康に対する権利」特別報告者アナンド・グローバー氏の事実調査ミッションの実施をサポートし、同氏が原発事故後の人々の健康に対する権利を守るために包括的な施策の実施を求めた「グローバー勧告」の実現に多大な貢献をしました。現在、その実施を求めて様々な団体と連携、政府との交渉を進めています。

人権政策の主流化

ヒューマンライツ・ナウは日本の外交・援助政策が人権を主流化したものとなるよう求め、様々な政策提言を行っています。

【抗議文への賛同表明】「安保3文書」閣議決定への抗議文に賛同しました

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、2022年12月16日に日本政府が行った「国家安全保障戦略」「国家防衛戦略」「防衛力整備計画」、いわゆる「安保3文書」閣議決定に抗議し撤回を求める抗議文に賛同しました。日本YWCA …

【共同声明】難民を虐げ、在留資格のない人の命を危うくする法案は、もうやめてください ー入管法改定案の再提出に反対します!ー

2022年1月17日、ヒューマンライツ・ナウと他6団体による共同声明「難民を虐げ、在留資格のない人の命を危うくする法案は、もうやめてください ー入管法改定案の再提出に反対します!ー」がリリースされました。   …

【コメント公表】法制審議会が示した新たな刑法性犯罪規定改正に関する試案を受けて

本日、2023年1月17日の法制審議会にて、刑法性犯罪規定改正に関する試案(改訂版)が配布されました。これを受け、ヒューマンライツ・ナウは新たな試案に対する下記のコメントを公表しました。 なお、全文はこちらからダウンロー …

【ご案内】2023年1月27日(金)16時〜18時 | BHRC・GCNJ共催 第11回国連ビジネスと人権フォーラム報告ウェビナー「ライツホルダーを中心としたビジネスと人権の実践に向けて」

  ヒューマンライツ・ナウ(HRN)が幹事団体として所属するビジネスと人権市民社会プラットフォーム(BHRC)は、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)と共に、第11回国連ビジネスと人権フォ …

【動画公開】オンラインアクション「刑法改正は問題だらけ 私たちの声を聴け~不同意性交を犯罪に」

2022年12月14日に開催されたヒューマンライツ・ナウとWAN(ウィーメンズ・アクション・ネットワーク)共催のオンラインアクション「刑法改正は問題だらけ 私たちの声を聴け~不同意性交を犯罪に」の録画を一般公開しました。 …

【オンラインアクション】「刑法改正は問題だらけ 私たちの声を聴け~不同意性交を犯罪に」

角田由紀子さんの写真:撮影 永峰拓也   オンラインアクション開催! 不同意性交処罰をはじめとする刑法性犯罪規定の改正が法制審議会に諮問されてから一年、法制審議会での議論が大詰めを迎えています。ところが、10月 …

【意見書】AV新法に関わる「日本維新の会案」に対する意見・要望を提出しました

2022年6月23日より施行された「性をめぐる個人の尊厳が重んじられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律」(「AV出演 …