【イベント】7/24第6回通常総会・シンポジウム「人権の視点から問う、福島第一原発事故後の住民保護の現状と課題―国連勧告を受けて」(仮称)

7/24に、第6回特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ通常総会と、シンポジウム「人権の視点から問う、福島第一原発事故後の住民保護の現状と課題―国連勧告を受けて」(仮称)を開催いたします。
正会員(個人、法人、団体、学生会員)の皆さまには、過日送付させていただきました出欠表の提出をお願い致します。
総会には、賛助会員の皆さまにも、傍聴していただくことが可能です。ぜひご参加ください。
また総会後、シンポジウム「人権の視点から問う、福島第一原発事故後の住民保護の現状と課題―国連勧告を受けて」(仮称)を開催いたします。
シンポジウムには会員以外の皆さまもお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。
皆さまのお越しをスタッフ一同、お待ち申し上げております。
総会日時>  2013年7月24日(水)17:30~18:45
会  場>  上智大学 四谷キャンパス1号館407教室
        〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
        JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線 四ッ谷駅麹町口・赤坂口から徒歩5分
議  題>
(審議事項) 
1  第一号議案 定款の変更 別紙の定款変更について提案いたします。
(報告事項) 
2  事業・プロジェクト等活動報告
3  収支決算報告
4  事業計画と予算
5  その他
※ 定款によれば、事業報告、収支決算報告については理事会で議決するとされているので、総会では報告事項です。なお、本総会では、各プロジェクトから報告があり、活動方針について討議の機会がありますので、是非積極的にご参加・議論いただけると幸いです。
※ 過日送付させていただいた会報21号に同封した用紙にて、必ずご出席のご回答をお願い致します。
定款変更のため、正会員の3分の1以上(約250名)の委任状が必要であり、会場出席又は委任状提出がこれに満たない場合定款変更ができません。欠席される場合、お手数でも委任状の提出に是非ご協力ください。 なにとぞよろしくご協力お願いいたします。
(回答締め切り6月25日(火)まで)
●シンポジウム開催のご案内
7月24日(水)、総会終了後の午後7時より、シンポジウム「人権の視点から問う、福島第一原発事故後の住民保護の現状と課題―国連勧告を受けて」(仮称)を開催いたします。
是非、こちらにも引き続きご参加いただければ幸いです。人数把握のため、メール(info@hrn.or.jp) またはFAX(03-3834-1025)にて事前にお申し込みいただけると幸いです。
<シンポジウム>                               
「人権の視点から問う、福島第一原発事故後の住民保護の現状と課題- 国連勧告を受けて」
<会場>上智大学 四谷キャンパス1号館403教室
主催:ヒューマンライツ・ナウ / 上智大学グローバルコンサーン
 福島第一原発事故後、今も多くの人々が先の見えない避難生活を送る一方、安全基準、避難地の指定、健康調査、子どもたちを低線量被ばくから守るための施策等が進んでいるとは到底言い難い状況が続いています。昨年11月、国連「健康の権利特別報告者がこうした状況の事実調査を実施、今年5月には事実調査報告書と重要な勧告が出されました。この意義と政府の反応、勧告の具体化をどう図っていくかを識者・当事者の方々とともに議論します。(ゲスト・スピーカー等詳細は追ってご連絡させていただきます)。