【共同提言書】カンボジアの深刻な人権状況に対する国連人権理事会の対応を求める

カンボジア 深刻な人権状況に対する国連人権理事会の対応求める。

ヒューマンライツナウは、9月9日から開催される第42会期国連人権理事会でカンボジアの人権状況が討議されることを踏まえ、国際人権団体及びカンボジア国内の人権団体と共同で、 すべての理事国及びオブザーバー国に対する公開書簡を公表しました。この中で私たちは、最大野党を解党させ、与党が議席を独占した2018年のカンボジア総選挙の後、カンボジアの人権状況がさらに悪化している状況を詳細に訴え、国連人権高等弁務官事務所による役割の強化もう求める決議を採択することを求め、各国政府にカンボジアの人権状況回復のため積極的な討議をするよう呼びかけています。全文は英語でこちらからご覧いただくことができます。HRC42_JointLetter_Cambodia_30.08.2019.pdf