【レポート】国連が是正を求める日本の人権状況- 勧告の一覧

国連が是正を求める日本の人権状況- 勧告の一覧(pdfファイル)


kokuren-ga-zesei-wo-motomeru-nihon.pdf

このたび国際人権団体ヒューマンライツ・ナウでは、「国連が是正を求める
日本の人権状況-勧告の一覧」を作成し、法務大臣、外務大臣、各副大臣、
各政務官へ送付いたしました。

日本の人権状況は国際的な人権基準から大きくかけ離れた部分が少なくあり
ません。新政権にはこの状況を抜本的に転換されるよう心から期待します。

本書は、特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウが、2008年までに、
国連人権機構と人権条約機関から日本に対してなされた人権状況改善の勧告
を要約・編集したものです。ご一読いただければ、日本が国際社会から人権
状況の改善のために、さまざまな勧告を受けていること、未だにそれらが
改善されていないことが課題別にご理解いただけると存じます。

本書の発表にあたり、私たちは日本政府および立法当局に対し、国際人権基準
を日本において実現する誠実かつ速やかな措置をとられるよう求めます。

同時に、日本の人権状況と国際人権状況のギャップを埋めるため、日本が未だ
批准していない、主要人権条約の選択議定書をすみやかに批准し、個人通報
制度の応諾をすることを求めます。