【シンポジウム】特別ゲスト滕彪さん 2019年6月30日(日)「世界における民主主義の後退と市民社会」※受付開始

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウと東京大学東京大学阿古智子研究室主催、

明治大学現代中国研究所共催で、シンポジウム「世界における民主主義の後退と市民社会」を開催致します。

 

世界における民主主義の後退と市民社会

日時:2019年630日(日)10:30-15:30

場所:東京大学駒場キャンパス国際教育研究棟314号室

参加費:500円

 

世界中で民主主義の後退、市民社会スペースの縮小が問題となっています。

アジアでも権威主義的な政治体制が進んだ国が多く、民主化への流れが押しとどめられています。

中国、カンボジア、タイ、ミャンマー、フィリピン、香港などで、民主主義を押さえつける動きが強まっています。

そうしたなか、日本と日本の市民社会はいかなる役割を果たすべきでしょうか。

G20サミットの直後のこの時期、市民社会が開催したC20の結果も踏まえ、私たちができることについて議論したいと考えます。

特別ゲストとして、中国の人権弁護士で、中国民主転換研究所研究員である滕彪氏を迎え、講演をいただき、

アジアの現地の人権活動家をスカイプでつなぎます。

皆様のご参加を心よりお待ちしています。

 

【式次第】

司会 阿古智子氏(東京大学准教授)

 

■ 10:30-12:30  東南アジアの市民社会の現状と問題点

 *タイ・カンボジアのNGOとスカイプでつないでの報告をする予定です。

 登壇者:

  若林秀樹氏(JANIC事務局長)

  佐藤暁子氏(弁護士)

  伊藤和子氏(Human Rights Now事務局長)

  笠井哲平氏(Human Rights Watch プログラム・オフィサー)

  滕彪氏(中国民主転換研究所研究員、元プリンストン大学高等研究所研究員)

 

■ 13:30-14:30 滕彪氏による基調講演

ファシリテーター 明治大学 鈴木賢教授

 「世界における民主主義の衰退と中国ファクター」

 

■ 14:30-15:30 ディスカッション

 

※事前申込 資料の都合上、事前申込された方を優先させて頂きます。

 事前お申込みは下記のフォームからお願い致します。

https://forms.gle/Q2C4Tmp45rRbEXAv9

 

主催:国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ 東京大学東京大学阿古智子研究室

共催:明治大学現代中国研究所