【声明】ビルマ・民主化運動のリーダー・僧侶への懲役65年等の刑に抗議する(2008/11/21)

昨年9月、ビルマで発生した民主化運動に対し、軍事政権(SPDC)は、残忍な武力弾圧と、参加者の身体拘束という重大な人権侵害行為をもって応えた。国際社会の批判にも関わらず、軍事政権は、この人権侵害について何らの是正を行わな …

【要請】平和的な市民デモに対する弾圧と活動家逮捕に対する日本政府の対応について(2007/08/30)

外務大臣 町村 信孝 殿 要 請 書   平和的な市民デモに対する弾圧と活動家逮捕に対する日本政府の対応について   私たちは,今般のビルマ政府による学生リーダー・市民に対する身柄拘束等の弾圧・抑圧行 …

【声明】ミャンマー(ビルマ)軍事政権による国民投票強行とアウンサンスーチー氏の軟禁継続に対する声明(2008/6/5)

2008年6月5日 ヒューマンライツ・ナウ ビルマの軍事政権(SPDC)は5月10日と24日の両日、憲法国民投票を強行し、同月26日、この国民投票によって、軍事政権の提案した憲法が投票率98%、賛成92.48%で承認され …

【メディア】「ミャンマー 軍政人的支援拒否」―ミャンマー(ビルマ)のサイクロン被害と国民投票(2008/05/13 毎日新聞)

2008年5月13日、毎日新聞「こちら特報部」のコーナーで、ミャンマー(ビルマ)のサイクロン被害が広がる中、国民投票を強行したミャンマー(ビルマ)の状況について、報道がされています。 080513tokyosinbun. …

【報告書】ミャンマー(ビルマ)の人権状況と民主化への道~サフラン革命から半年、2008年2月タイ・ミャンマー(ビルマ)国境事実調査

ミャンマー(ビルマ)の人権状況と民主化への道 サフラン革命から半年~2008 年2月タイ・ミャンマー(ビルマ)国境事実調査報告書を発表しました 2007年9月、ミャンマー(ビルマ)において僧侶らを中心とする民主化運動が高 …

【メディア】連合国際ニュースで、ミャンマー(ビルマ)民主化を求めるシンポジウムの様子が紹介(2008/04/06 連合ウェブサイト)

2008年4月6日(日)、東京・青山学院大学において「ビルマの民主化と人権回復を求める集会~武力弾圧から半年・ビルマ民主化を求めて~」が開催されました。   シンポジウムを共催した、日本労働組合総連合(連合)の …

【メディア】HRN主催のミャンマー(ビルマ)民主化を求めるシンポジウムがTBSテレビで報道されました(2008/04/06 TBSテレビ)

4月6日午後、ヒューマンライツ・ナウ、連合、ビルマ市民フォーラムなどの主催で、ミャンマー(ビルマ)の人権・民主化に関するシンポ「武力弾圧から半年、民主化を求めて」を青山学院大学で開催し、300人ちかい方々に集まっていただ …