【イベント】2019年11月21日(木)なぜ「更なる改正」が必要なの? ~私たちが求める刑法性犯罪の処罰規定とは~院内集会のご案内

 

<犯罪被害者週間に先立ち刑法性犯罪の最前線を共有> 

【11月21日(木)東京】なぜ「更なる改正」が必要なの?~私たちが求める刑法性犯罪の処罰規定とは~院内集会のご案内

ヒューマンライツ・ナウを含む12団体で編成しております「刑法改正市民プロジェクト」では、来る11月21日に院内集会を開催いたします。性犯罪に関する刑法改正にむけて議論を進めてまいりますので、この機会にぜひご関心をお寄せ頂きご参加いただけましたら幸いです。
「刑法改正市民プロジェクト」は、2017年の刑法性犯罪改正後も積み残された課題の解決を目指して、刑法性犯罪関連の情報共有・実態把握を踏まえて活動する、12の市民団体からなるグループです。
2017年7月に、刑法性犯罪が110年ぶりに大幅改正され、これまで潜在化していた性暴力が、適切に処罰されることが期待されました。しかし、2019年3月、相次いで4件の性犯罪無罪判決が報道されました。セクシュアル・ハラスメントや性被害体験を告発・共有する#Me Too運動は、確実に広がりつつあります。また、無罪判決に端を発したフラワーデモは、毎月11日に開催され、9月時点で全国20箇所で実施されています。「更なる刑法性犯罪見直し」を求める市民の声が、高まっています。
そこで私たちは、犯罪被害者週間に先立ち、刑法性犯罪の処罰規定案を作成しました。あわせて、被害当事者や支援者が改正に関わることを求める要望をまとめ、刑法性犯罪見直しを求める集会を開催します。
<開催概要>
【日 時】
2019年11月21日(木)午前11時30分~午後1時00分
【場 所】
衆議院第二議員会館  1階多目的会議室
【対象者】
この問題に関心のある方、国会議員
【内 容】
*要望書提出に伴い報告順序等が変更になる可能性がございます
[第1部]
法務省「性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループ」報告
▼司法に届かなかった性暴力被害者の声 一般社団法人Spring
▼支援現場から            NPO法人性暴力救援センター・東京/SARC東京
▼障がい児者への性犯罪        NPO法人しあわせなみだ
[第2部]
私たちの考える「刑法性犯罪改正案」認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
[第3部]
刑法性犯罪再改正に向けた要望 性暴力禁止法を作ろうネットワーク
【定 員】
100名
【参加費】
無料
【主催】主催:刑法改正市民プロジェクト(全12団体)
一般社団法人Colabo/一般社団法人Spring/NPO法人しあわせなみだ/NPO法人スクール・セクシュアル・ハラスメント防止関東ネットワーク/NPO法人性暴力救援センター・大阪SACHICO/NPO法人性暴力救援センター・東京SARC東京/性暴力禁止法をつくろうネットワーク/NPO法人全国女性シェルターネット/NPO法人ぱっぷす/認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ/NPO法人BONDプロジェクト/NPO法人人身取引被害者サポートセンターライトハウス/(五十音順)