事務局長のメッセージと活動

最新のメッセージ 事務局長より2018年年末にあたって (2018年12月25日)

ito

今年もいよいよ年末、寒い毎日が続きますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

ヒューマンライツ・ナウ(HRN)はおかげさまで2018年10月に無事事務所移転をすることが出来、ようやく奥神楽坂に落ち着くことができました。移転に当たりましては177万円を上回るご寄付をいただきました。心より御礼申し上げます。

また12月14日には会員の皆様のご協力で、臨時総会も終了し、事務所移転に関する定款変更の決議を無事承認いただきました。

臨時総会後は、多くの方々にお集まりいただいたお披露目パーティーが盛況に終了することが出来ました。皆様の温かいご支援・ご協力に心より感謝申し上げます。…続きを読む

ヒューマンライツ・ナウ事務局長 伊藤和子(弁護士)

ito
日本から国境を越えて、世界中で人権侵害に苦しんでいる人たち、特に女性や子どもなど弱い立場にいる人たちを助ける活動をしたい、ヒューマンライツ・ナウはそんな思いをもった人々が中心になって2006年に発足しました。何もないところから発足した団体ですが、アジア地域のNGOとの信頼関係を大切に構築し、活動を積み重ねる中で、今では存在感のある国際人権団体として認識され、多くの変化をもたらしています。
世界で今も続く紛争や人権侵害、児童労働や女性に対する暴力、人身売買・・・こうしたことに対して、私たちは決して無力な存在ではありません。多くの人が関心を持ち、改善を求める声をあげれば、事態は劇的に変わるのです。だからこそ、ヒューマンライツ・ナウは、人権侵害の現場に赴いて、人権侵害の被害者に代わって声をあげ、国連や国際社会・メディアへの橋渡しをし、世界各国や企業のリーダーに人権を守るリーダーシップの発揮を呼びかけています。私たちの活動に関心を寄せて声をあげ、サポートしてくれる人が多いほど、私たちの影響力は大きくなり、世界を変える力につながります。世界の人権侵害をなくすため、みなさまの温かいサポートを是非ヒューマンライツ・ナウにお願いいたします。

事務局長伊藤和子への事件・御相談・執筆・講演・取材の依頼につきまして

伊藤和子個人への事件・御相談・執筆・講演・取材の依頼につきましては、ヒューマンライツ・ナウ事務局ではなく、ミモザの森法律事務所にて一括して窓口となります。
伊藤個人のメールアドレスをご存知の方でも、対応の一元化のため、必ず事務所宛にご連絡ください。

ミモザの森法律事務所
TEL)03-5807-3184
HP) http://mimosaforestlawoffice.com/

団体への執筆・講演・取材の依頼

インタビュー・取材のお申し込みは、ヒューマンライツ・ナウ事務局までご連絡ください。