活動の3つの柱

Fact Finding 事実調査
Advocacy 政策提言
Advocacy 政策提言

Fact Finding | 事実調査

世界中で続く人権侵害の多くは、誰からも光をあてられず、誰にも知られないことから深刻化していきます。
私たちは、世界の深刻な人権侵害の現場で実態調査をして、被害者に代わって声をあげ、世界に発信します。
私たちは特に、人々の命を奪い未来を踏みにじる、最も深刻な人権侵害、そして子どもや女性等、特に弱い立場に置かれた人々への人権侵害にフォーカスして活動しています。

uniqlo

(2015年1月)/ユニクロ中国下請け工場に関する潜入調査の報告書発表記者会見

Advocacy | 政策提言

私たちは、人権侵害の当事者である政府や企業、国連などの影響力のあるアクターに対し、人権侵害の停止、人権問題の解決を求めて政策提言し、働きかけを行います。私たちは国連の協議資格を有するNGOとして、国連の人権に関わる会合に参加し意見表明する権利があります。この立場を活用し、国連の意思決定にも影響を与えてきました。

Advocacy 政策提言

国連人権理事会/日本・世界の人権侵害に関して国連に行動を求め、発言しています。2013年9月には国連の正式会合で、シリアへの軍事行動はいっそうの人権侵害をもたらすとして、これに反対する意見表明をしました。

Empower | エンパワーメント支援

世界の多くの国で、過酷な人権侵害を受けている人たちの多くが「人権」とは何かすら知る機会を奪われています。私たちは人権侵害をなくしたいと考え行動する人々に、日本から講師を派遣して、「人権」に関するトレーニングとサポートをおこない、その国に生きる人々が人権状況を改善するためのエンパワーメントを支援します。

Empower エンパワーメント支援

2009~2013年まで運営支援をしてきた、ミャンマーの次世代リーダーに人権教育をする「ピースローアカデミー」卒業式の様子。卒業生の多くはいま、ミャンマーへ戻り、民主化の最前線で活躍中です。