【声明】ガザ・国際司法裁判所の仮保全命令を受けて

2024年1月29日(月)、ヒューマンライツ・ナウは、国際司法裁判所(ICJ)の仮保全措置命令を受けて声明を公表しました。

2023年12月29日に南アフリカが、イスラエルを国際司法裁判所に提訴し、その中で暫定措置を要請しました。本件に関し、2024年1月27日、ICJは、南アフリカの要請を踏まえ、暫定措置命令を発出しました。

本声明では、ICJによる仮保全措置命令を歓迎するとともにこの命令がなぜ重要なのか3つの点を示しています。

また、同措置を踏まえ、国連安全保障理事会と国連総会に、そして国際社会に、ジェノサイド行為の防止と処罰および人道的支援の保証を実現するための即時停戦へ向けた具体的行動を求めています。
そして日本政府に対しては、ICJ の命令を受け、即時停戦を実現しジェノサイドを防止するよう、真剣な外交努力を強く求めています。

 

声明のダウンロードはこちらから▷<日本語/英語>

2024-01-27_ICJ_日本語
2024-01-27_ICJ_英語.docx – Google ドキュメント