締切延長!10/18まで【募集中】世界子どもの日中高生映像スピーチコンテスト

 

ヒューマンライツ・ナウでは今年も「第5回世界子どもの日 中高生映像スピーチコンテスト」を開催いたします。

 

 

当コンテストは全国の中高生を主な対象として、「子どもの権利に関するわたしの経験や想い」についてスピーチした作品を当団体に送っていただき、審査を行います。
ノーベル平和賞 を受賞した マララ・ユフスザイさんが、自身が子どもでありながら子どもの権利のために声を上げたように、
日本にいる子どもたちにも声をあげてほしい、思っていることを表現してほしい、きっとその声が世界を変えるはず、という想いから開催しています。

中高生のみなさま、また教員のみなさま、
このチャレンジがきっとあなたの一歩に繋がるはずです。
ご応募お待ちしております!

<応募期間>

2019年7月10日(水)〜10月15日(火) →締切延長しました。10月18日(金)15時まで

<今年度審査員>
堀潤 氏(ジャーナリスト・キャスター/NPO法人8bitNews代表理事/株式会社GARDEN代表)
三浦まり 氏(上智大学法学部教授/ヒューマンライツ・ナウ理事)
濱田邦夫 氏(弁護士/元最高裁判事/ヒューマンライツ・ナウ運営顧問)
小笠原友輔氏(弁護士・日比谷シティ法律事務所)
中島早苗氏(認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン代表理事)

<応募方法>

特設ページ( http://hrn.or.jp/speech/ )をご覧ください。

 

~過去の作品は特設ページもしくはヒューマンライツ・ナウYouTubeチャンネルに掲載されています。~
★詳しくは特設ページから! http://hrn.or.jp/speech/
★ヒューマンライツ・ナウYouTubeチャンネル:昨年度の作品
https://www.youtube.com/watch?v=P6hyyjppK4Q&list=PL7L21wjQsNSVq1aJnxWlVIo1SD4oKYjEO