第1回 世界子どもの日 映像スピーチコンテスト[認定 NPO 法人ヒューマンライツ・ナウ] | 子どもたちの声が、勇気が、世界を変えていく
2
home,page,page-id-2,page-template,page-template-page_home,page-template-page_home-php,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-7.4,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.2,vc_responsive

Home

第1回

世界子どもの日 映像スピーチコンテスト

主催 認定 NPO 法人ヒューマンライツ・ナウ

応募締め切り 11月8日(日)

受賞者発表

たくさんのご応募、ありがとうございました。

最優秀作品 伊藤 輝さん

(福生市立福生第二中学校3年生)

第2位 森 百合香さん

(玉川聖学院中等部3年生)

第3位 小山 美海さん・馬路 ひなのさんペア

(東京学芸大学附属国際中等教育学校4年生)

スピーチコンテストについて

「私は、学校に行けない6600万人の女の子なのです。」

2014年にノーベル平和賞を受賞したパキスタン人のマララさんは、15歳のときに通学バスに乗り込んできた男に銃で撃たれてしまったニュースは、まだ記憶に新しいと思います。彼女が撃たれてしまったのは、女の子が教育を受けられないのはおかしい!と女の子への教育の必要性を社会に訴え続けていたからです。
しかし、銃に打たれても、マララさんは負けませんでした。病院で手術を受けた後も、脅しにひるむことなく、私自身も学校に行けない6600万人の女の子のひとりだと、女の子に教育が必要だ、と言い続けました。
その勇気ある行動は世界中の人々にマララさんと同じ境遇にある少女たちの存在と教育の必要性を気づかせ、国連が取り組みを強めるきっかけになりました。一人の子どもの勇気ある声が世界を動かしたのです。

続きを読む
book

審査委員

後藤 弘子 氏
(審査委員長)

ヒューマンライツ・ナウ副理事長/千葉大学教授

濱田 邦夫 氏

弁護士/元最高裁判事/ヒューマンライツ・ナウ運営顧問

Faith Amano 氏

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)モチベーショナル・スピーカー/パフォーマー、リーダーシップ・プログラム開発部長

堀 潤 氏

ジャーナリスト・NPO法人「8bitNews」代表

三浦 まり 氏

上智大学法学部教授 / ヒューマンライツ・ナウ理事

安田 菜津紀 氏

studio AFTERMODE所属フォトジャーナリスト

スピーチコンテスト要項

下記の要項にそって、ご応募ください。

1.主催
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
2.趣旨
「世界子どもの日」にちなんで、子どもたちが当事者として人権について「学び」、「考え」、「発信する」機会を得ることで、子どもたちの福祉の増進と相互理解を促進し、また、それにより大人も人権について考えるきっかけになる場にすること。
3.実施方法
  • コンテスト参加者が7分以内のスピーチ映像を撮影し、郵送、Eメールまたは特設ウェブサイトからエントリーする。
  • エントリー作品について、ヒューマンライツ・ナウ選出の審査委員により審査を行い、入賞者の映像を期間限定で特設ウェブサイトに掲載する。
  • 優勝者は「世界子どもの日」チャリティーウォーク&ラン閉会式で、スピーチを披露する。
4.応募規定
  1. 対象
    ・日本在住の中学・高校生(中学卒業者および高校中退者も参加可能)
    ・国籍不問
    ・グループでの参加も可能です。
    ※なお、グループで優勝した場合は、代表者お一人にスピーチをしていただきます。
  2. スピーチのテーマ
    「子どもの権利」。子どもたちにとっての人権・権利、世界や日本の子どもたちの置かれた状況と人権の大切さ、身近なところで感じた人権の大切さなどについてのスピーチとする。
    (参考)
    ・マララ・ユスフザイさんノーベル平和賞受賞スピーチ
    ・人権で世界を変える30の方法(合同出版)
  3. 応募映像の長さ
    7分以内であれば時間の決まりはありません。7分を超えた場合は審査の対象となりません。
  4. 使用言語
    日本語
  5. 募集期間
    9月28日〜11月8日
5.動画送付について
  • 動画の形式および拡張子について
    動画をお作りになる際は、以下の形式/拡張子の動画をお作り下さい。
  • AVI形式 (Audio Video Interleave) / 拡張子:.avi
  • MP4形式 (Moving Pictures Expert Group 4) / 拡張子:.mp4,.m4v
  • FLV形式 (Flash Video Format) / 拡張子:.flv
  • WMV形式 (Windows Media Video) / 拡張子:.wmv
  • MOV形式 (Apple QuickTime Movie) / 拡張子:.mov

 

  • 動画のアップロードおよび送付方法について
    1. 以下のリンクをクリックして、「Gigafile(ギガファイル)」に動画をアップロードしてください。
      http://gigafile.nu/ ※会員登録なし、無料です。
    2. アップロード後は、同じ画面で「ダウンロードキー」を設定してください。
    3. アップロード後に作られる保存先リンクと、ダウンロードキーを、(例)を参考にして下のメールアドレスに送信してください。
      メールアドレス:info@hrn.or.jp
      (例)
      【件名】スピーチ映像の提出
      お名前:
      リンク:(例)http://20.gigafile.nu/k02d5a
      ダウンロードキー:
      コメント:映像を提出します!よろしくお願いします!

 

6.審査について
  1. 【審査委員長】
    • 後藤 弘子 氏 (千葉大学教授 / ヒューマンライツ・ナウ副理事長)

    【審査委員】

    • 濱田 邦夫 氏 (弁護士/元最高裁判事 / ヒューマンライツ・ナウ運営顧問)
    • Faith Amano 氏 (特別審査委員・フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)モチベーショナル・スピーカー / パフォーマー、リーダーシップ・プログラム開発部長 )
    • 堀 潤 氏(ジャーナリスト・NPO法人「8bitNews」代表)
    • 三浦 まり 氏(上智大学法学部教授 / ヒューマンライツ・ナウ理事)
    • 安田 菜津紀 氏(studio AFTERMODE所属フォトジャーナリスト)
  2. 入賞発表の日
    2015年11月中旬
  3. 特設ウェブサイト掲載
    2015年11月中旬(予定)
  4. 「世界子どもの日」チャリティーウォーク&ラン2015閉会式日時
    2015年11月21日(土)12:00~12:30のどこか
7.応募に当たっての確認事項
  1. 応募作品は、返却しません。
  2. 応募作品は、未発表のものに限ります。
  3. 応募作品の著作権は、主催者に帰属するものとします。
  4. 応募者は、応募作品に関する著作者人格権の不行使に同意するものとします。
  5. 入賞者の作品についてはヒューマンライツ・ナウのホームページ、スピーチ特設ウェブサイト及びその他刊行物などで紹介します。
  6. 映像について、関係者・寄附者にDVDでスピーチ映像を提供することを了解してください。(応募の時点で承諾を得たものと考えます。)
  7. スピーチを公開させていただく場合、応募者の氏名・年齢・所在都道府県の掲載を考えています。もし、映像の公開にあたって氏名等のプライバシー情報の公開・秘匿について、事前の相談をご要望される方は、お申し込み段階で「エントリー」内メッセージ欄にご連絡ください。
  8. 作品制作及び応募に係る諸費用一切については、応募者の負担とします。
  9. 規約に反するような動画、コンテストの主旨と関係のない、もしくは適切でない動画、ご自身が制作していない動画、について、審査対象外となる場合もありますのでご了承ください。
  10. 映像の審査内容・結果に関するお問い合わせにはお答えできません。
  11. 入賞者の方には、結果発表の11月中旬頃にメールかお電話にてご連絡いたしますのでご確認ください。優勝者につきましては、11月21日(土)チャリティーウォーク&ランに出席してスピーチをいただきたいと思います。出席が難しい場合は、準優勝の方に依頼することにします。
  12. 応募いただいた方については、上記事項について、承諾を得たものと考えます。
注意事項
  • 申し込みの際はご連絡のとれる電話番号をご記入ください。
  • 後日、本人確認のためにメールで身分証明書をお送り頂きます。なお、個人情報の取り扱いにつきましては、弊団体プライバシーポリシーをご参照ください。

選考プロセス

応募

(9月28日〜11月8日)

審査

(11月9日〜11月中旬)

入賞者発表

(11月中旬)

動画公開

(11月中旬予定)

優勝者発表

(11月21日)

世界子どもの日 チャリティーウォーク&ラン

チャリティーウォーク&ラン2015も、ぜひご参加ください

世界子どもの日

Universal Children’s Day

11月20日は、国際連合(国連)が定めた『世界子どもの日(Universal Children’s Day)』です。「子どもの権利条約」が採択された日としても広く知られ、世界で祝われている日です。
HRNでは『世界子どもの日』を記念して、子どもたちのためにより安全で平和な世界を築きたい、という想いを形にするイベントとしてチャリティーウォーク&ランを開催しています。
歩いて!走って!あなたの一歩が、地球上のすべての子どもたちの平和な明日へとつづいていくことを願って。
日本から世界へ、子どもたちの笑顔の輪を一緒に広げましょう。

世界子どもの日
READYFOR