あなたのご支援で、世界は、日本は、もっとやさしくなれる。

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは今年も「夏の募金」を皆様からお願いすることになりました。今、私たちは二つの事業に資金が不足しています。

ひとつは女性の権利を守り、性暴力をなくすための政策提言活動。刑法改正を求めるフラワーデモが各地で起き、ヒューマンライツ・ナウの活動が今こそ求められています。

もうひとつは発足以来続けているミャンマーの教育支援事業。児童労働や憔悴民族への弾圧など、今も深刻な事態の続くミャンマーでの事業です。

私たちの活動は皆様の寄付で支えられています。今緊急に必要な二つの事業に対して、皆様のお力を是非、お貸しください。

女性の人権を守る活動

女性の人権を守る活動

性暴力被害やセクシュアルハラスメントが正しく裁かれない。そんな絶望が日本を覆っています。全国で女性たちがフラワーデモに集まり、刑法の改正によって、性暴力被害者が守られる社会の実現を強く求めています。ヒューマンライツ・ナウは、被害者団体、ユースの団体とともに、Change.orgにて、刑法改正を求める署名活動を展開しています。

この署名を届け、政治を動かすために、私たちは緊急にキャンペーン資金を必要としています。また、2016年から取り組んでいるAV出演強要被害についても今年中の救済立法の制定を目指して活動しています。女性たちがこれ以上被害にあわないように、私たちの活動をぜひ応援して下さい。

ミャンマー(ビルマ)での教育・支援活動

ミャンマー(ビルマ)での教育・支援活動

ミャンマーでは、2015年の民主化以降も、軍による少数民族に対する弾圧が続き、隣国バングラデシュには60万人を超える難民が不自由な生活を送っています。カチン州、シャン州でも少数民族が迫害され、女性や子どもたちの生活が脅かされています。また、紛争の影響で生きる手段を失った子どもたちの児童労働も深刻です。ヒューマンライツ・ナウでは、2007年以来、ミャンマーの若者に対する人権教育の支援を続けるとともに、児童労働や紛争による犠牲をなくすための働きかけを続けていますが、今年度は資金が不足しています。現地のニーズに応え、若い世代や子どもたちが安全に希望のもてる生活ができるよう、私たちの活動を応援して下さい。

募金方法

クレジット決済 (ペイパル対応)

Paypalにて、1,000円からご寄付金額の選択が可能です。
ご希望の金額を選択してください。




その他のオプション

郵便振替

郵便局備え付けの振込票に「夏の募金」とご記入、または電信送金にて、ご送金ください。
払込先:ヒューマンライツ・ナウ
口座番号:00120-2-705859

郵便局・銀行振込はこちら