遺贈寄附

izou_picture2
ヒューマンライツ・ナウは認定NPO法人です。
遺贈していただいた財産は、相続人に対して相続税課税がされません。
遺言書のなかに、「世界の平和や人権に貢献する団体に寄附したい」という希望をお持ちの方もいらっしゃると思います。是非、寄附先のひとつとして、ヒューマンライツ・ナウをご検討ください。

ヒューマンライツ・ナウへ「遺贈」していただいた財産は、世界の人々のかけがえのない人権を守るために使わせていただきます。

「遺贈」とは・・・

最近、遺言書において、公益性の高い団体・NPOなどに財産の全部または一部を遺贈される方が増えています。
当団体では、遺贈に対する体制を整えておりますので、是非、当団体への遺贈をご検討いただければ幸いです。
当団体の遺贈に関するご説明文書はこちらです。
⇒「遺贈」・「相続された財産からのご寄附」をお考えの方へ

※相続税の課税対象となりません。

遺贈による寄附方法のご案内

本リンクをクリックし、リンク先資料(PDF)を印刷し、公証人や弁護士など専門家の方へお見せ下さい。

step1 相談
まずはヒューマンライツ・ナウにご相談ください。

遺贈内容の検討や作成にあたっては、信頼できる専門家(弁護士、税理士、信託銀行)などにご相談されるのが安心です。ヒューマンライツ・ナウにご相談いただければ、相続・遺言に詳しい会員の弁護士・税理士をご紹介することができますので、まずはヒューマンライツ・ナウに気軽にご相談ください。

お問い合わせは、ヒューマンライツ・ナウ 東京事務所 まで

メール:info@hrn.or.jp
電話:03-3835-2110
Fax:03-3834-1025


〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F

また、上記にご連絡いただいた場合、すぐに当団体や遺贈に関する資料を送付させていただきます。

弁護士・税理士・司法書士・行政書士の皆さま
ご依頼人・相談者の方が遺贈の寄付先を探されている際は、是非当団体を選択股のひとつとしてご紹介いただければ幸いです。ご連絡いただければいつでも団体および遺贈に関する資料をお送りいたしますので、是非保管・活用ください。
また、具体的な遺贈等のご相談についてもお気軽にご連絡ください。

step2 作成
遺言書の作成

一般的によくつかわれる作成方法は、 「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」の二つです。
「自筆証書遺言」は、自分で作成しますので費用がかからず手軽に作成できますが、形式の不備による無効や紛失などによって故人の意志通りとならない場合があります。
「公正証書遺言」は、公証人により作成されますので、形式の不備による無効や紛失・偽造のリスクがなく、ご意志に沿った相続・遺贈を実現できる方法といえます。
確実に遺言内容を実現するための手段として、「公正証書遺言」をお勧めします。

step3 管理
遺言書の保管・管理
step4 執行
遺言の執行(ご逝去)

ヒューマンライツ・ナウへの寄附
相続人等への遺産配分

相続された財産からの寄附をお考えの方へ

下記のような方法で、ご寄附から相続税の申告をいただくことができます。

1.ご逝去

2.遺贈により取得された相続財産をご遺族からヒューマンライツ・ナウへ寄附

お差し支えのない範囲で、個人様のご意志、またはご遺族の方による同意などご寄附の経緯について書面にてお知らせください。遺言書のコピー、またはご遺族の方や遺言執行者によるご説明文でも結構です。

3.領収書の送付

・ヒューマンライツ・ナウから、東京都の認定番号が印刷された領収書をお送りします。
・ご入金の確認から、領収書のお届けまでに1~2週間かかります。

4.相続税の申告

・相続開始から10か月以内に、相続税の申告手続きを行ってください。
・申告時には、ヒューマンライツ・ナウから発行した領収書を添付してください。

お問い合わせは、ヒューマンライツ・ナウ 東京事務所 まで

メール:info@hrn.or.jp
電話:03-3835-2110
Fax:03-3834-1025


〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F