~あなたの想いを世界のために・1000円からできる国際協力~

会員・サポーターになってください。

春の入会キャンペーン実施中。入会・サポーター登録された方にはプレゼントがあります。

不安定な世界・・続く紛争・・・今、この瞬間も、世界では、深刻な人権侵害が続き、女性や子ども等、罪もない人たちが犠牲になっています。

そして、あなたの近くにも、誰にも相談できずに苦しんでいる人がいるかもしれません。そんな現実をひとつひとつ変えて、ひとりひとりが大切にされる社会をつくる、そのために、私たちにはできることがあります。国境を越えて国内外の人権侵害に取り組む日本を本拠とするNGO、ヒューマンライツ・ナウの活動にあなたも参加してみませんか?

ヒューマンライツ・ナウをご存知ですか?

ヒューマンライツ・ナウ(Human Rights Now)は東京を本拠とした国際人権NGOです。
紛争、難民、児童労働、人身売買、貧困、女性や少女に対する暴力…私たちはこうした人権侵害を調査し、声をあげられない被害者に代わって世界に発信し、解決を求めて活動しています。同時に、アジア地域の人々への人権教育などの支援を行い、変化をもたらしてきました。2012年には国連の特別協議資格を取得。東京・大阪・ニューヨーク、ジュネーブ、そしてミャンマー、カンボジア、インドなどアジア地域を中心に活動を展開しています。

団体概要 私たちの活動

耳をすます

社会問題となった若い女性のAV出演強要被害。ヒューマンライツ・ナウは被害者の声に耳をすまし、2016年3月に調査報告書を公表。事態は大きく動きました。

調査をする

日本で人気のユニクロ、その中国下請工場では、労働者が過酷な労働を強いられていました。ヒューマンライツ・ナウは現地パートナー団体と連携して潜入調査を行い、調査報告書を公表。ユニクロも問題を認めて改善に動き出しました。インド・メガラヤ州では炭鉱での深刻な児童労働をヒューマンライツ・ナウが調査した後、最高裁の命令により、児童労働の温床となっていた炭鉱すべてが閉鎖になる変化をもたらしました。

働きかける

世界で今も続く紛争。罪もない子ども、民間人が犠牲になり続けています。ヒューマンライツ・ナウは、国連NGOとして世界のNGOとともに、紛争下の子どもや女性が犠牲とならないよう、働きかけを続けています。途方もなく深刻な世界の現実や不公正な世界のあり方も、市民社会の声なくして変えることはできません。

未来を育てる

軍事独裁政権下で過酷な人権弾圧が続いていたミャンマー。そんななかでも自由で民主的な国にしたいと願い未来を夢見る若者たちがいました。ヒューマンライツ・ナウはタイ・ミャンマー国境に設立された学校に日本から講師を派遣し、国際的に確立された人権や民主主義について講義を行い、未来への希望をつなぐエンパワーメントを支援してきました。今、卒業生の多くは民主化が進みつつある今のミャンマーに戻り、最前線で活躍しています。

誰も知らない人権侵害に光をあてること、「人権」という言葉を聞いたこともない子どもたちに、人権について知ってもらうことが、人々に気づきや力を与え、真っ暗な状況を変化させることがあります。私たちの活動は変化をつくってきました。あなたが参加すればもっと私たちの活動を広げることができます。もっともっと現場で苦しむ人たちの声を世界に伝えるために、そして、もっともっと子どもたちに希望のもてる未来を創るために。。。

ヒューマンライツ・ナウに皆様の温かいご支援よろしくお願いいたします。

5月中に、新規に会員、またはサポーターになられた方には、
ヒューマンライツ・ナウからグッズ等のプレゼントがありますので、
是非この機会にお申し込みください。

ヒューマンライツ・ナウは、日本でも最近深刻になっている差別や人権侵害の問題にも率先して声をあげ、解決を求めています。
あなたのご支援で私たちはもっとたくさんの問題に取り上げることが出来、人権侵害の解決に近づくことができます。

ヒューマンライツ・ナウの取り組んでいる課題

女性の権利

女性の権利

世界と日本における女性に対する暴力をなくしたい、ヒューマンライツ・ナウは被害者、支援機関の方々とともに調査、政策提言等の活動を続けています。AV出演強要被害など、若年層の女性に対する性的搾取の問題に取り組んでいます。

子どもの権利

子どもの権利

海外における児童労働の問題、紛争地における子どもの保護、日本における児童ポルノ等性的搾取の課題等に取組み、世界子どもの日チャリティウォーク&ラン、中高生スピーチコンテスト等の取組を行っています。

ビジネスと人権

ビジネスと人権

国境を越えたグローバルビジネスは、私たちの目に見えないところで、途上国の人々を苦しみの底に突き落としていることが少なくありません。あなたの着ている服は、悲しみでつくられていないでしょうか。ヒューマンライツ・ナウは、ビジネスを変えるを通じて世界の問題を解決するよう働きかけを続けています。

会員になる

会員特典

  1. 会員となり、年会費をお支払いただけると、ニュースレターが年四回届き、ヒューマンライツ・ナウのイベント情報等をお知らせするメールマガジンも届けさせていただきます。
  2. 会員の交流会、会員限定イベントなどもご案内します。
  3. 正会員の方は年次総会に参加いただくことができます。
  4. 活動に参加していただくことができます。広報、企画、運営、さらに専門的な知見のある方や情熱のある方は、プロジェクトに参加されたり、国連会議にも代表として参加いただくことがあります(活動参加は任意です)。
    「うちの地域には、ヒューマンライツ・ナウのイベントがない、友人がいない」という方はぜひ、ご連絡ください。地域交流会、イベント等を一緒に企画しましょう。
  5. 会員専用サイトから、過去のイベントのYoutubeを無料でご覧いただくことができます。
  • 会員の方にはSNSや周りの方にヒューマンライツ・ナウの活動を伝えていただけるとありがたいです。多くの人が関心を持ち、話題にすることは人権問題の解決にとても有効なのです。

入会はコチラから

マンスリーサポーターになる

ヒューマンライツ・ナウでは、多くの方に「マンスリーサポーター」として活動を応援していただきたいと考えております。

継続的に支援者として世界の人権問題や身近な人権問題に取り組む活動をサポートしたいという方は、是非マンスリーサポーターになってください。マンスリーサポーターは、定期的に引き落としのかたちでご支援いただくプログラムで、活動には直接参加しないけれど、何か役に立ちたいという方にお勧めです。
みなさまからの継続的なサポートにより、ヒューマンライツ・ナウはもっと世界の人権侵害にすぐに対応し、もっと被害者の声を聴き、もっと影響力を増し、世界を変えることができます。
国境を超えて世界の人権問題を改善したい、世界をより安全でひとりひとりが大切にされる場所へ、そんな声をほかならぬ日本から世界に届けたい、そんなヒューマンライツ・ナウの夢とミッションをぜひ応援してください。
マンスリーサポーターの方には、会員特典①、②,⑤と同様のサービスを予定しています。

マンスリーサポーター 申込

マンスリーサポーター、賛助会員の方は、寄付者の取り扱いになり、税額控除の対象となります。

  • ヒューマンライツ・ナウに対する寄付は「寄付金控除(税額控除)」の対象となり、最大50%(所得税40%+住民税10%)の税額控除となります。
    皆さんの確定申告用に、寄付の領収証を発行いたします。所得税の寄附金控除(税額控除)の際に添付する「寄附金受領証明書」には、寄付者のご自宅住所の記載が必要になっています。
    郵便局の振込票、あるいはPaypalの住所入力欄には、ご自宅住所の記入をお願いいたします。
  • Paypalによりご寄付いただいた場合、Paypal画面にてご自身で領収書を印刷することができますが、確定申告の際には、後日ヒューマンライツ・ナウからお送りする「寄附金受領証明書」を添付して下さい。
    一回のご寄付も是非、ご検討いただけると嬉しいです。

ヒューマンライツ・ナウ事務局長 伊藤和子(弁護士)

HRN事務局長 伊藤和子1994年弁護士登録 東京弁護士会所属。 弁護士登録以来、冤罪・子ども・女性の権利など、人権に関わる事件をてがける。2004年よりニューヨーク大学ロースクール客員研究員として留学、その後、ジュネーブ国連人権小委員会インターン、ニューヨークで国際人権NGO Center for Constitutional Rightsのインターン、NGO国連代表代理などを経て帰国。2006年7月にヒューマンライツ・ナウの立上げに関わり、現在、事務局長。東京弁護士会および日弁連の両性の平等に関する委員会委員長を歴任。 主な著作は、岩波ジュニア新書「人権は国境を越えて」、合同出版「人権で世界を変える30の方法」(共編著)。