【意見書】カンボジア特別法廷への提言「集団被害者訴訟の実務 〜日本の集団訴訟の経験からECCC被害者参加への提案〜」

HRNは、クメール・ルージュ時代の重大犯罪を裁くカンボジア特別法廷(ECCC)では、 平和構築のプロセスにあるカンボジアでの国民和解という観点からも、被害者参加が重要であることを繰り返し述べてきました。 ECCCでは、H …

【メディア】HRN事務局長伊藤和子がTBSラジオ「下村健一の眼ツケドコロ」に出演(2008/03/01 TBSラジオ)

HRN伊藤和子事務局長がTBSラジオ『下村健一の眼のツケドコロ』 に出演し、ミャンマー(ビルマ)・タイ国境調査でわかったミャンマー(ビルマ)のいまの人権状況、 そして、民主化にむけての国際社会と日本の役割について語りまし …

【イベント】1/12 国際シンポ「ジェノサイド研究と平和構築」、KRTセッションでHRNがコメント

*終了しました*ありがとうございました 国際シンポジウム「ジェノサイド研究と平和構築」にHRNから山本晋平弁護士が参加 2008 年1月12 日に開催された国際シンポジウム「ジェノサイド研究と平和構築」の「カンボジア・ジ …

【声明】「ビルマ(ミャンマー)における軍事政権の人権侵害に強く抗議し、 日本を含む国際社会の事態打開のためのすみやかな対応を求める。」(2007/09/28)

ミャンマー(ビルマ)で自由を求めて行動する人々が連日殺され、危機にさらされています。   9月28日、ヒューマンライツ・ナウは、アムネスティ・インターナショナル日本、 ビルマ市民フォーラム、日本ビルマ救援センタ …

【要請】スリランカにおける国連人権監視現地ミッションの設置を支持するように求める要請書(2007/09/03)

〒100-8919 東京都千代田区霞ヶ関2-2-1 外務大臣 町村 信孝 殿 2007年9月3日   スリランカにおける国連人権監視現地ミッションの設置を支持するように求める要請書   要請内容   私たちは、人権侵害の …