【イベント】4/5院内集会「海外の捜査官に聞く~取調べの可視化の意義~」

—————————————————–
 2012.4.5 院 内 集 会
 海外の捜査官に聞く~取調べの可視化の意義~

—————————————————–

日 時:2012年4月5日 12:00~13:00

場 所:参議院議員会館 B107会議室 (地下1階)

最寄り駅:地下鉄「国会議事堂前」または「永田町」駅
      議員会館1階ロビーにて通行証をお受け取りください。

● 定員:70名

・・・・・・

 現在、法制審議会「新時代の刑事司法制度特別部会」は、取調べの可視化など
の導入について検討をすすめています。しかし、取調べの全過程の録 音・録画
の法整備によって「真実を追究する取調べの機能が妨げられる」などの主張が

根強くあり、取調べの一部にしか録音・録画が適用されず可視化 (全過程の録音・
録画)が達成されないのでは、と危惧されています。

 今回、オーストラリア、アメリカの捜査官をお招きし、可視化をすでに運用している

諸外国の経験を共有し、可視化の意義を再検討します。奮ってご 参加ください。

【発言者】

●ディビッド・ハドソン 氏 (オーストラリア・ニューサウスウェールズ警察)
1981年以降30年にわたりニューサウスウェールズ警察においてキャリアを積む。
2008年3月には州内の重大・組織犯罪捜査を所管するステイ トクライムコマンド
の司令官であるアシスタントコミッショナーに就任。ニューサウスウェールズ州
においては、20年以上前から取調べのビデオ録画 を導入しており、その導入に
携わった。

●ジョナサン・W・プリースト 氏 (アメリカ・元コロラド州デンバー警察署警察官)
1994年から2000年までデンバー警察署の殺人課刑事として、同署が実施する取調
べのビデオ録画システムの実施・発展を担う。2011年10 月退職し、現在はDNA型
鑑定など捜査問題のコンサルタント。デンバー警察署では1983年より被疑者の取
調べについて録画を開始し、現在、被疑 者、被害者、証人の事情聴取について
録画がなされている。

【主催】 取調べの可視化を求める市民団体連絡会
呼びかけ団体:アムネスティ・インターナショナル日本 / 監獄人権センター /
         日本国民救援会 / ヒューマンライツ・ナウ

【共催】 日本弁護士連合会

【お問合せ】アムネスティ・インターナショナル日本 

        TEL: 03-3518-6777
        Eメール: camp@amnesty.or.jp