【活動報告】11月18日(土)、「第8回世界子どもの日 チャリティ ウォーク&ラン」 が無事終了いたしました。

毎年秋に行われております「世界子どもの日 チャリティウォーク&ラン」。

今年もたくさんの方々のご協力、ご参加の下、無事終了することができました。皆様に心から感謝申し上げます。

当日は、涼しいマラソン日和の中開催することができ、また皆さまの頑張って走られる様子や楽しまれている様子に、場の雰囲気もとても温かくなりました。

11月20日は国連の定めた「世界子どもの日」です。このイベントが少しでも皆さまに、「世界子どもの日」を知っていただき、子どもの人権について身近にしていただける機会となっておりますことを願っています。

「歩こう!走ろう!子どもたちのために」というスローガンにあるように、参加者の皆さまが実際に身体を動かされることを通して子どもの人権について触れ、アクションを起こす一歩にしていただきたいと思っております。特に第8回目の今年は「子どもに対する暴力をなくそう」というテーマを掲げて開催しました。SDGsの16.2項にもあるように、未だ世界の多くでは紛争、人身売買、性的搾取等により苦しんでいる子どもが大勢います。当日はこの内容をクイズに盛り込んだワークショップを行いました。また、「世界子どもの日映像スピーチコンテスト」優勝者の伯野寧さんのスピーチを聞きました。きっと皆さまの心にこれらが響いたことと思います。

明るい世界の未来を作っていくために、今回の収益は、ヒューマンライツ・ナウによる子どもの人権のための活動に用いさせて頂きます。

今回のイベントを通しまして、今後ともヒューマンライツ・ナウの活動を応援していただけましたら幸いです。チャリティウォーク&ランは、来年も開催いたします。どうぞ、今から楽しみにして、心に留めていただけたらと思います。

 

当イベントについての詳しい内容につきましては hrn.or.jp/run  をご覧下さい。